すぐにはまった僕を聞いてくれ

僕は流れに弱いらしく、それが良いと聞けば、自分も試してみたくなるのが変だかね!?

レディーガガはすごい

 

                ladyga.jpg            

 

レディーガガのことを知らない人はあんまりいないけど、ビッグスターはビッグスターだけど、彼女の奇抜のファッションを注目しても、必ずレディーガガのファンだと限らないでしょう。

変なファッションを身に着ける人は道で出会っても、絶対話しかけたくないのが僕。だから、スターでも、レディーガガが変だから、実に言うとあんまり好きじゃなかったかもしれない。

でも、この前、ある記事を見て、レディーガガは絶対良い人だと思い、ファンになった。

ホームレスとの話だった。

あるホームレスはレディーガガのファンだった。彼女の宿泊のホテルの前で出待ちして、彼女に愛の証の指輪を贈った。このビッグスターの前で、勇気を絞って彼女にプレゼントを差し出したホームレスはさぞ恐縮しているんだろうから、
「僕は臭いから、ごめんね」と彼女に言った。

しかし、レディーガガは彼にバラ一輪を贈り、躊躇なく、彼と頬を寄り添って写真を撮った。
「なにさ、わたしも臭いよ」とレディーガガが言った。

普通はさ、イメージのために、臭いホームレスがプレゼントをくれたら、一応もらって、すぐその場から離れるでしょうけど、レディーガガはそこまでファンを大切にするなんて、それは絶対演技ではできないことだと思う。彼女は本当に良い人だ。

さすがビッグスター、プロ意識の高さに学ぶべきだと思う。もっと、オムロンパーソネル株式会社の求人を広げて、もっと仕事を欲しい人の強い味方になりたいと思った。僕も頑張らなきゃ!



UFOにはまった

 

      

多分誰も信じないから誰にも話していないけど、20歳くらいの頃に1度だけ「UFO」を見たことがある!!(笑)
当時アルバイトで空をぼーっと見ていたら、空に筒状の物体がくるくる垂直に廻ったまま、横移動していった。

色はオレンジ色に光っていて、「あれっ?」って思ったときには空から消えていた。

ほんの一瞬の出来事だった。

仕事で疲れてて幻覚を見たのか、眼球についてたゴミが視界に入ったのか!?(笑)

いずれにしても一瞬飛行機でもない物体が飛んでいる様子が見えたことを覚えている。

僕は当時見たあれを「UFO」かというと、幻覚か、目のごみだったんじゃないかな?って思っている。
と言うのもあれ以来見ていないし、世の中で「UFO」見たという話も、どれも「UFO」の存在を決定付ける程の話ではないから、全てが「UFO」じゃないものを「UFO」って言っているんじゃないかな?
って思う。

それは僕も含めての事なんだけどー

でももし仮に「UFO」が存在するとしたら、それが「NASA」が研究する新しいロケットに変わる乗り物だったとしても、「宇宙人」が地球に来るための乗り物だったとしても夢がある。

最近は「SF」や「UFO」みたいな話も科学の進歩でほとんど信じる人はいないと思うし、実際僕もそんな世界はないと思っている。

でもそういう世界を信じていたころの世界は今よりも夢があった気がする。僕が働いてるオムロンパーソネルの人材派遣の仕事でいつか「UFO」の仕事ができたらなーって、たまに変なことも想像したりして・・・やはりいくつなっても夢に巡って、アホな考えがあるもんだねー

まぁ、これからは「SF」や「UFO」に変わる面白い「夢」に世界が熱中出来たら面白いと思うけど・・・



「ペテロの葬列」にはまった

 

          

「ペテロの葬列」というサスペンスドラマがあって、このドラマは、小泉孝太郎主演のドラマで、以前放映されていた「名もなき毒」というドラマの続編だ!

この「名もなき毒」というドラマは、たまたま見たCMで面白そうだと思って録画し、そこから毎週見ていたんだけど、人は見かけじゃわからない「毒(心の闇)」を持っていて。

その毒は伝染していくという内容のストーリー。

小泉孝太郎扮する「杉村三郎」が主役のドラマで、今回の「ペテロの葬列」は続編なので、当然前作のメンバーも出演している。

前回の「名もなき毒」の時は2つの別々のストーリーだったんだけど、今回は冒頭で主人公と同僚がバスジャックに合うところから話が始まる。

バスジャック犯は最初の回で死んでしまうんだけど、その後バスジャックの被害者になったはずの主人公たちに続々大金が届く。

このストーリーは今後どうなっていくのか?先が全く読めないサスペンスドラマを見るのは久しぶりなんですごく面白いんだけど、一体この話は今後どうなっていくのか?

冒頭で起きた殺人事件で出てきた登場人物はどうなったのか?

こんなに面白いのに視聴率はそんなによくないらしいけど、絶対に名作だと思う。

久々に面白いドラマなので、今後もシリーズ化して続いてほしいと思う。でも、そろそろこのドラマが終わりそうで、早く謎解きしてほしいけど、終わるのも寂しい。



海外ドラマにはまった

 

         

ちょっと前から海外ドラマが日本でも話題になっている。
韓流ドラマや、アメリカのドラマが有名なんだけど、僕も昔ちょこっとだけ見たことがある。

僕が見たのは「GLEE」というドラマと、もう一つは名前を忘れたけど、なんらかの特殊能力を持った平凡な若者が、特殊組織と一緒に戦うみたいなストーリー!?

その特殊能力でどうやって活躍したのかは全く覚えていないけど、その組織との裏の活動とは別に、表では普通のフリーターみたいな感じで、バイト先で色々些細な出来事が起こるんだけど、そういう平凡なストーリーと、組織に狙われてみたいな話のギャップが面白かったのを覚えている。

万人向けなドラマなせいか、特にラブシーンも無く、戦うシーンも全く血も出ないし、過激ではない。

だから安心して見れるいというのもあって、なかなか面白かったのを覚えている。

もう一つの「GLEE」は学園物で、歌を通して生徒だけじゃなく先生や家族も成長するっていうー
青春ドラマ

「GLEE」に関してはかなり色んなストーリーが詰め込まれているので、毎回色んな問題が起こるし、人間関係も複雑に絡んでくる。

しかも起こる問題も多岐にわたるんだけど、部活動を頑張る人たちは見てて清々しいし、実際にコンテストで他校とどっちが優勝できるか?みたいな感じで競い合うんだけど、どっちの学校も歌が上手いし、出てくる歌も有名な名曲揃いなので、ストーリーと相まって感動出来る。

歌は歌だけで感動出来るけど、あーやって感動的なストーリーから名曲に繋がると、感動も倍増される。

「GLEE」を見るなら最初から見ることをお勧めします!!



ミニチュア模型にはまった

 

        

最近のミニチュア模型はもの凄く精密に出来ていることを知ってた?
僕がそれを知ったのは偶然コンビニで見つけた「食玩」。

「食玩」といえばチョコエッグが有名なんだけど、数年前にギターのミニチュアが発売され大ヒット!!

大ヒットと言っても、楽器をやっている人だけ限定だけど・・・(笑)

多分楽器に興味が無い人にとっては「タダ」の楽器のミニチュアにしか見えないんだろうけど、昔からあるギターのミニチュアとは全く訳が違う!!

ちゃんと弦も貼ってあるし、色合いや細かいパーツの隅々まで、全てが本物を忠実に再現してある!

一番驚いたのは弦が貼ってあること。

ミニチュアを作るうえで、ここが一番苦労した所なんじゃないかなー
って思う。

いずれにしても僕はコンビニで偶然見つけたこのギターを大人買いで全部買い占めてしまった!

といっても一箱400円だったので、10箱で4000円!

大人の趣味にかける金額で考えたら安い方だと思うけど、あまりの精巧さに、家に帰ってからもずっと眺めてたのを覚えている。

その後パート2や別のメーカーのミニチュアも出たが、何が出るか中身が分からない仕様だったので、途中からは買わなくなった。

もう今では入手出来ないから、ネットオークションとかで人気の種類は高値で売られているんじゃないかなー
って思うけど、コレクターにはたまらない!

全部集めたい気持ちもわかる!現に僕は1シリーズだけは全種類持っている。

自慢したいけど、この良さを分かってくれる人がいないので、今のところ自己満足で楽しんでいる~(笑)